ギタリスト 松岡 滋のページ

志村禅保先生。

f0043780_224943.jpg


日本を代表する尺八演奏家、志村禅保先生。

現在の尺八の原型である
「地無し尺八」(現代では吹奏すら困難な古管の尺八)研究の
第一人者で演奏家あり、作曲家。
大阪芸術大学の教授でいらっしゃいます。

先生の活動はすごく多岐にわたり、
古典の演奏から現代音楽の初演、
また4年に一度開催される国際尺八音楽祭(ボルダー、ニューヨーク、シドニー)
における招待講演・演奏。
浜松市楽器博物館コレクションシリーズでのCD録音、
数々の著作(「古管尺八の楽器学」出版芸術社
「事典 世界音楽の本」岩波書店(共著)など)。


現代のスーパーマンです!




今回、10年ぶりに演奏会でご一緒にさせて頂くことになり
先生が開館されている(!)福島の「尺八博物館」に伺いました。




f0043780_2229461.jpg


おびただしい数の尺八。

1300年前に初めて日本に伝わったものから
現代のものまで。

何も知識のない僕でも大興奮してしまいます!!
珍しい(というか僕にとっては全部新鮮)楽器がずらり。



トップの写真で吹かれているのは三尺三寸。
f0043780_22373955.jpg


比較的近年つくられた楽器だそうですが
日本人の体型ではこの大きさは無理があるそうです。
下の方の孔は親指で押さえています。
姿勢も体を少しひねらなくてはならずしんどそう。
しかし、その音は本当に素晴しい。
今までに聴いたことのない、なんだか異空間にいるような錯覚を起こす、
そんな音色です。






f0043780_22394517.jpg


手前は七孔の尺八(通常は五孔)。
現代曲や速いパッセージに対応できるように作られた楽器。
そして奥側の楽器、これはフルートではありません。





f0043780_22443320.jpg


「オークラウロ」という楽器です。
ホテルオークラ、川奈ホテルをはじめとする、
日本のホテル業に大きな足跡を残した大倉財閥2代目総帥、
大倉喜七郎男爵が大正時代に開発した楽器。

今では目にしなくなった楽器ですが、
見た目の通り、フルートと尺八の音がミックスされたような
不思議な音がします。








f0043780_22522665.jpg


そしてこれが世界に2本しかない(!)「cyber尺八」。
分かりやすく言うと尺八シンセサイザーです。
この楽器のための作品も色々あるようで
先生は紀尾井ホールの主催公演などで演奏されたそうです。






志村先生のお話を伺っているとどれもがとても興味深く、
また新鮮で時間の経つのを忘れそうなくらいです。
尺八に対する愛情と情熱がひしひし伝わってきました。





他にも紹介したいものが山ほどありますが、
それはまたの機会に。





そして光栄にも志村先生と共演させて頂きます。

サイドバーにも載せていますが、

8月28日(日)、
和歌山県日高郡にある興国寺、
「第27回 興国寺夏期講座」にて。

これまたすごいイベントなのです。
改めて紹介します。






志村先生、よろしくお願い致します!
f0043780_2383733.jpg
by sgr-m | 2011-08-06 23:10 | 音楽仲間

ギター弾きの日常はかくありき。
by sgr-m
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

松岡 滋ライブ情報

♪2017年♪

11月12日(日)13時開演・17時(2回公演)
「秋のコンサート」
会場:
癒しの部屋(京阪電車「光善寺」駅下車徒歩10分)
¥1500
出演:
角圭司(Gt.)、北崎一恵(Fl.)、松岡滋(Gt.)


12月8日(金)20時開演
「松岡滋+川畑淳+富川勝智LIVE」
会場:
阿佐ヶ谷スタッカート(JR中央線「阿佐ヶ谷」駅北口 コージーコーナー6F)
出演:
松岡滋(Gt.)川畑淳(P.)富川勝智(Gt.)


12月16日(土)15時開演
「OSAKAギターカルテット・ギター四重奏の魅力」
会場:
ヤマハミュージック大阪なんば店2Fサロン(地下鉄四つ橋線「四ツ橋」駅徒歩3分)
¥3000(前売り)¥3500(当日)
出演:
松岡 滋、山田直樹、岩崎慎一、濱田圭(以上、Gt.)

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな