ギタリスト 松岡 滋のページ

2006年 02月 02日 ( 1 )

ギタリストネタ。

f0043780_22435012.jpg
今日あたりからようやく声が普通に戻ってきましたー。まだ少し完全ではありませんが。明日はほとんど元に戻っているのでは。つかの間のハスキーボイスな松岡でしたが、もう当分
越冬つばめ
はイイっす((/--)/。。。(( ><) 。

さて、たまにはギター弾きらしいことも書かねば、というわけでギタリストのHPでは定番の

私のギター紹介!

です。

こういうのはちゃんとページを設けてするもんですよね、普通。
そのうちまとめて独立ページにしようと思います。

第1回目は!
・・・・・、といっても第3回くらいで終わりますが・・・・・。

第1回目は

ダニエル・フレドリッシュ!君です。
こんにちはー。

フレドリッシュはパリに住むフランスを代表するルティエです。
この楽器は1976年作なので今年めでたく30才。
表面版はレッドウッド、横、裏はローズです。

留学から帰り、本格的に活動を始めるにあたり、
大ホールでも使用にたえる楽器が必要となりました。
パリでの師匠、ロベルト・アウセルが使っていたこともあり
どうしてもフレドリッシュが欲しくて結局、東京まで行って見つけてきました。

フレドリッシュは年代によって楽器のタイプがかなり違い、
60年代のものはブーシェの影響と思われる、松のガッシリした重厚な音作りですが
70年代半ばから表面版に杉を使いボディサイズも大きくなり
パワー、華やかさを表に出したタイプに変わってきました。
この楽器はその時期に作られたもので500人クラスのホールでは余裕で響きわたります。
パワーだけか、というとそうではなくデリケートな音を出したい時にはちゃんと応えてくれマス。

ホールでの演奏会では必ずこの楽器を弾きますので今度見かけたらじっくりその音を
聴いてみてください。

というわけで「ならでは」ネタでした。

こういったわかる人にだけわかるオタクネタですが。

やっぱりたまりません!

第2回をお楽しみに!
by sgr-m | 2006-02-02 23:36 | ギター

ギター弾きの日常はかくありき。
by sgr-m
プロフィールを見る
画像一覧

松岡 滋ライブ情報

♪2017年♪

11月12日(日)13時開演・17時(2回公演)
「秋のコンサート」
会場:
癒しの部屋(京阪電車「光善寺」駅下車徒歩10分)
¥1500
出演:
角圭司(Gt.)、北崎一恵(Fl.)、松岡滋(Gt.)


12月8日(金)20時開演
「松岡滋+川畑淳+富川勝智LIVE」
会場:
阿佐ヶ谷スタッカート(JR中央線「阿佐ヶ谷」駅北口 コージーコーナー6F)
出演:
松岡滋(Gt.)川畑淳(P.)富川勝智(Gt.)


12月16日(土)15時開演
「OSAKAギターカルテット・ギター四重奏の魅力」
会場:
ヤマハミュージック大阪なんば店2Fサロン(地下鉄四つ橋線「四ツ橋」駅徒歩3分)
¥3000(前売り)¥3500(当日)
出演:
松岡 滋、山田直樹、岩崎慎一、濱田圭(以上、Gt.)

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな