ギタリスト 松岡 滋のページ

2009年 01月 07日 ( 1 )

第55回九州ギター音楽コンクール。

f0043780_10262015.jpg



コンクール開催の知らせが来たので紹介します。

以前にも紹介させて頂いたことがありますが
日本で最も歴史がある
「九州ギター音楽コンクール」
です。

開催日は
2009年10月3日(第一次予選)
2009年10月4日(第二次予選ならびに本選)。

今回が第55回だそうで
その歴史のの長さに圧倒されます。

このコンクールは

山下和仁さん、中野義久さん、松下隆二さん、
大萩康司さん、池田慎司さん

など、今の日本のギターシーンを背負って立つ方々を
輩出してきました。



今回の課題が発表されたわけですが
なかなかに興味深く、また挑戦し甲斐のあるものです。

●課題曲
◎第1次予選
課題曲A/M.カルカッシ作曲「練習曲Op.60-3, Op.60-21」
課題曲B/F.タレガ作曲「マズルカ イ短調《マリエッタ》」(現代ギター社 版)

◎第2次予選
課題曲A/M.カルカッシ作曲「練習曲 Op.60-3, Op.60-21」
課題曲B/J.マラッツ(F.タレガ編曲)「スペインセレナーデ」

◎本選課題曲&自由曲
課題曲A/F.タレガ作曲「マズルカ イ短調《マリエッタ》」(現代ギター社 版)
課題曲B/F.タレガ作曲「アルハンブラの思い出」(現代ギター社 版)
※ただし「アルハンブラの思い出」のダカーポは省略すること 
課題曲C/F.ソル作曲「序奏と魔笛の主題による変奏曲 Op.9」
課題曲D/H.V=ロボス作曲「5つの前奏曲集」から任意の1曲(Max Eschig 版)
課題曲E/H.V=ロボス作曲「12の練習曲集」から任意の1曲(Max Eschig 版)
課題曲F/自由曲 (ただし1910年以降のギターオリジナル曲であること、複数曲でもよい)
(注意1)以上の課題5曲と自由曲を演奏し、25分以上30分以内であること
(注意2)「A、B、C、D、E」の課題の演奏順は任意でよいが、自由曲(課題曲F)は必ず最後に演奏すること




ギターを弾かれる方はお分かりかと思いますが
とても重厚な課題。
十分な準備を必要とします。

コンクールを受ける若い世代の方々は
このような機会でさらにスキルアップしていくのですね。

多くの方がこのコンクールに参加され
そしてたくさんの逸材が登場することを願っています。

詳しくはこちらから。
九州ギター音楽協会のHPにアクセスします。
by sgr-m | 2009-01-07 10:42 | 日記

ギター弾きの日常はかくありき。
by sgr-m
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

松岡 滋ライブ情報

♪2017年♪

11月12日(日)13時開演・17時(2回公演)
「秋のコンサート」
会場:
癒しの部屋(京阪電車「光善寺」駅下車徒歩10分)
¥1500
出演:
角圭司(Gt.)、北崎一恵(Fl.)、松岡滋(Gt.)


12月8日(金)20時開演
「松岡滋+川畑淳+富川勝智LIVE」
会場:
阿佐ヶ谷スタッカート(JR中央線「阿佐ヶ谷」駅北口 コージーコーナー6F)
出演:
松岡滋(Gt.)川畑淳(P.)富川勝智(Gt.)


12月16日(土)15時開演
「OSAKAギターカルテット・ギター四重奏の魅力」
会場:
ヤマハミュージック大阪なんば店2Fサロン(地下鉄四つ橋線「四ツ橋」駅徒歩3分)
¥3000(前売り)¥3500(当日)
出演:
松岡 滋、山田直樹、岩崎慎一、濱田圭(以上、Gt.)

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな