ギタリスト 松岡 滋のページ

<   2009年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

エンターテナー。

f0043780_9341487.jpg


クロード・チアリさんのコンサートに招待頂き行ってきました。






f0043780_9372453.jpg


国際ソロプチミストの主催ということで
お客さまの99パーセントがご婦人方。
しかも850人!
ものすごい活気というか熱気。







クロード・チアリ氏は息子さんのクリス氏を従えて
縦横無尽に弾きまくる!
f0043780_939140.jpg









息子さんもギタリストとは知りませんでした。
長身のイケメンです。
舞台の際まで来て写真を撮るご婦人も多かったです。


クロード・チアリ氏は恰幅も良く、巨匠然として
余裕そのもの。

MCもさすがです。
聴衆に合わせて関西弁でのトーク。
きっとその場に合わせて色々使い分けているのでしょうね。

勉強になりました!











僕は舞台際まで行く勇気がないので(笑)。

携帯のカメラでズームが精一杯・・・・・;。
f0043780_9433615.jpg
by sgr-m | 2009-03-31 09:43 | 日記

リラギター!

f0043780_450576.jpg


リラギター。
1810年頃製作のオリジナルです。
レプリカではありません。




世界的に見ても大変貴重な、
言ってみれば超博物館級のこの楽器の持ち主は
幾度も紹介しています生徒さんのG藤君です。
f0043780_4554573.jpg









リラギター。
マニアでないとそれがどの様な楽器なのかピンときませんよね。


webで調べてみると、


*********************************************************

リラギター
フランス革命前に上流階級の間で
ギリシャ古代を可能なかぎり模倣しようとすることがもてはやされ、
古代ギリシャの楽器「リラ」をイメージして作られたギター。
一時的に流行したが、
名のある作曲家や演奏家が現れなかった為か急速に消えていった。

*********************************************************


とのこと。

しかしながら、
ソルやジュリアーニ、
またカルリ、カルカッシもこの楽器を好み
そのための作品も残しています。



また、驚くなかれ
これは若い頃のベートーベンの肖像画ですが
なんとリラギターを携えています。
f0043780_5476.jpg




ベートーベンがこの楽器のために曲を残してくれていたら
この楽器の行く末もまた変わっていたかもしれませんね。



爆発的に人気の出たリラギターでしたが
一時の流行だったことは確かで
1800年代初頭の数十年間のみ愛好されたみたいです。








G藤君は海外から個人輸入でこの楽器を入手。
その時点では故障箇所が多く
演奏出来る状態ではなかったそうですが
有名な修復家の手により蘇ったそうです。





弾かせてもらいましたが
なんとも柔らかい、良き時代の音がします。
ボディ全体がふんわり響き、
音に包まれるよう。
f0043780_5123736.jpg


今も音の感触が
指に、そして耳に残っています。

素敵な体験でした。
G藤君、ありがとう♪。
by sgr-m | 2009-03-29 05:16 | 音楽仲間

大阪ぶらり散歩。

f0043780_934333.jpg


またしても謎の喫茶店発見。




店に入ると






太のび

ミドラ

アンジャイ

夫スネ







そして

えもんドラ。
by sgr-m | 2009-03-28 09:07 | 大阪ぶらり散歩。

妙なる響き。

所用でギター工房SHOJIに行きました。

用事が済んでから雑談する中で、「材料を見たいです。」と僕が言うと
快く2階の材料を保管されている部屋へ通してくださいました。




長い年月をかけて集められた材料と庄司さん。
f0043780_8421334.jpg






あまり詳しくない僕に丁寧に教えてくださいました。







表面板に使うドイツ松。
f0043780_8441443.jpg


ギターでは表面板にドイツ松、または米杉が使われます。










ネック材のセドロ。
f0043780_8461010.jpg


セドロの他にはマホガニーもよく使われるとのことです。
庄司さんはセドロを使った時の響きが好きなんだそうです。












指板用の黒檀。
f0043780_847469.jpg















そしてギターの横板、裏板には
ハカランダ、インディアンローズウッド、メープルなどが使われますが、
中でもハカランダはワシントン条約で輸出入が禁止されている
大変貴重な材料です。
なので輸入が禁止される以前に出回ったものを入手するしかなく
今後はハカランダを使った楽器もどんどん少なくなると思われます。

庄司さんは長年かけてハカランダを多く集められていました。











で、庄司さんがとても嬉しそうに見せてくれたハカランダ。
f0043780_852207.jpg



なんと200年前に伐採された木なんですって!
鑑定書が付いているそうです。



少なくとも20年くらいは寝かせて乾燥させてからでないと
楽器には使えないそうですが、
それが200年!



その材料で作られた楽器がたまたま出来上がっていたので
試奏させてもらったのですが、
ビックリ!
普通のハカランダの音とは一線を画した
今までに聴いたことのないものすごく素晴らしい音がします。

初めての体験に感動してしまいました。





庄司さん、貴重なものを見せてくださってありがとうございました!
by sgr-m | 2009-03-26 23:04 | 音楽仲間

またかい、チャーリー!

ほとんど くされ縁のような関係になってしまったチャーリー(my自転車)。
(くされ縁の詳細は過去のエントリーのこちらを参照。)

またも前輪がバースト・・・・・(; ̄Д ̄)。

あんた、何回故障したら気が済むんや・・・・・(▼д▼メ) 。
マヂで怒るで。怒るでしかし。










でもまあ、あんなに苦労して取り返したチャーリー。
(あんな苦労の詳細はこちらから。)
そうやすやす手放すわけにもいかん。
栗山自転車店(近所のちゃりんこ屋さん)へGo!だ。












手負いのチャーリー。
f0043780_22432450.jpg















リムだけになったチャーリーの前輪と栗山自転車のオヤジさん。
f0043780_22432586.jpg














新しいタイヤをはかせてもらったチャーリーの前輪と
栗山自転車のオヤジさん(何故か山本さんとおっしゃる)。
f0043780_22442675.jpg















蘇ったチャーリー(^ω^;)(;^ω^)とBOSSの自販機 。
f0043780_22465129.jpg















あんた、ホンマにもう故障せんといてんか。

もう本体の値段の3倍くらい修理につこたで〜。

プジョーのちゃりんこ買えるんちゃうかー(←ホントにほしい。)

でもなぁ、こんだけお金かけとうからな。

プジョー買わんと








フレームにプジョー、って書くわ。

油性のマジックで。








油性やったら雨でも消えへんし・・・・・┐(´~`;)┌ 。
by sgr-m | 2009-03-24 22:58 | 日記

第7回ギター アンサンブル フェスティバル!

f0043780_0563780.jpg


f0043780_0573224.jpg


すっかり定着した感のあるギターアンサンブルフェスティバル。

今回で7回目になります。

今年は33団体、総勢300人以上の方々が
それぞれ本当に素晴らしい演奏を聴かせてくださいました。

ギターを、そして音楽を愛する人たちが
こんなに大勢いるんだ、と改めて知り感激しました。










僕が指導させて頂いている2つのチームも本当に頑張りました。


f0043780_172976.jpg


Azure Spring。

彼女たちは第2回から毎年エントリーしています。
というか、ふたりは僕の大学の後輩で
それこそ彼女たちがティーンの頃からその演奏を聴かせてもらっています。
もう10年の付き合いです。

そんなふたりも早やウン才。
Rちゃんは昨年結婚。
Iちゃんもこの5月に結婚されます。

年月は流れ、生活に変化もあるけど
これからもふたりでいつまでもデュオを続けていってくださいね。









そしてもうひとつのチームは
なにわギターアンサンブルです。
f0043780_1131543.jpg


先日少しレッスンさせて頂いたグループです。
演奏されたのは「雨のあるキューバの風景」(ブローウェル)。


8名のほとんどが60才を越えたナイスミドル(?)。


こんな言い方は大変失礼なのですが
その年代の方々がこのミニマル音楽という
現代のジャンルの作品を弾きこなしているのは
本当に驚異的です。


その真摯な姿勢に頭が下がります。


主宰されている菅さんともかれこれ20年ほど前から
親しくお付き合いさせて頂いている間柄。


そういえば昔から音楽に対しては
アグレッシブなアプローチをされていました。
そのパワーが全く変わっていないのが
若さを保っていらっしゃる秘訣なのでしょう。



自分が関わっているということもあって
この2チームの演奏を聴いていると
色々思い出して胸が熱くなりました。















胸が熱くなるといえばこの団体。
f0043780_1264288.jpg


高槻キッズです。

フロントに5人の幼稚園児とおぼしきこどもたち。
その後ろにはきっと小学生でしょう。少し大きなお兄ちゃんたちが6人。
そしてお母さんがひとり。という編成。

フロントの5人は終始ニコニコして楽しそうに演奏します。
それをサポートするお兄ちゃんたち。

実は僕の真ん前に座っていらっしゃった初老の男性が
しきりにハンカチで目頭を拭っておられました。

きっとお孫さんが弾いているのでしょう。
色んなことが脳裏に去来しているのかしら。

それを見て僕ももらい泣きでした。










33団体の演奏が終わったあと
アンサンブル・トリコロールがゲスト演奏をさせて頂きました。





リハの写真。
f0043780_1371787.jpg








本番の写真。
f0043780_1362610.jpg








モーツァルト、ビバルディ、松岡、長岡、久石、
というプログラム。

会場はキャパが1000人という大きなホールで
ちょっぴり緊張しましたが楽しく演奏させて頂きました。












そんな感じでとても楽しい一日を過ごすことが出来
嬉しかったです。




今後もこのフェスティバルが
ますます発展するよう祈らずにはいられません。




出演された皆さん、そしてスタッフの皆さん、
今日は本当におつかれさまでした。
そしてありがとうございました!
by sgr-m | 2009-03-22 23:48 | 活動記録

あんさんぶるな1日♪。

今日のお昼間は22日のギターアンサンブルフェスティバルの
コンクール部門にエントリーしている
なにわギターアンサンブルの練習が堺市であり、見に行かせて頂いて少しレッスンもさせて頂きました。






練習中の写真を撮るのを忘れちゃった・・・・・(・"・;)。






アンサンブルを主宰されている菅さんです。
f0043780_1585086.jpg







アンサンブルフェスティバルではブローウェルの
「雨のあるキューバの風景」を演奏されます。
かなり高い完成度のアンサンブルで感激しました!
当日の演奏がとても楽しみです!頑張ってください!







そしてそのあとは大阪市の関目に移動して
かささぎ兄弟のライブ♪。

京阪電車「関目」駅からすぐの、その名も
「あんさんぶる」
という名前のライブバー。

クラシックのライブをたくさん開いている
とても素敵な雰囲気のお店です。

お客さまは皆さんクラシック好きとのことで
緊張しましたが、
それでも楽しく演奏することが出来ました。
f0043780_2115957.jpg









さて、明後日はアンサンブルフェスティバルの本番。

33のギターアンサンブルが出演して
その腕を競います。これまた楽しみ!



僕もアンサンブル・トリコロールとして
ゲスト出演します(^ω^)。
こちらもよろしくお願い致します!




そんなわけで
「アンサンブル」という言葉が飛び交う1日でありました。













さて、
今日のエントリーでは
「アンサンブル」という言葉を
何回書いたでしょう(○゜ε^○)。
by sgr-m | 2009-03-20 23:16 | 活動記録

大阪ぶらり散歩。

f0043780_13192846.jpg


うおっ!

これはどう突っ込んだらいいのか判らん!

どう解釈すべきなのかー!
by sgr-m | 2009-03-19 13:21 | 大阪ぶらり散歩。

これまた珍しいもの。

f0043780_2331833.jpg



ギター界きっての雑学王ヤマー。


先日ヤマーは西表島に行ってたらしい(何故?)。


そこで見つけたのが写真の飲み物なんだそうだ。


美味しかったんだって。




飲む極上ライス

そして

飲む玄米・・・・・。



魚の骨がささった時に良さそうだが

これってホンマに美味しいのか?????








と思ってたら

これがなんと大阪でも手に入るという。









ということで手に入れてきました(笑)。


ヤマー曰く、


極上ライスの方は「飲む餅」。


玄米の方は「飲むいわおこし」なんだそうだ。


よし。明日飲もう。


感想は後日☆。
by sgr-m | 2009-03-17 23:52 | 日記

今年もAZURE SPRING♪。

f0043780_0215618.jpg


生徒さん同士のデュオチームがいくつかあります。

ギターグランマもそのひとつですが
今日は久しぶりにAzure Springの紹介です。

彼女たちがデュオチームを結成して早や10年くらい。
月日の経つのは速いです。

3月22日(日)に行なわれる
第7回ギターアンサンブルフェスチバルに
彼女たちも出演するので今日はデュオのレッスンでした。
Azure Springは第2回から毎年参加しているので
結構有名人になってます(^ω^)。

今回はモンテスの「カンシオンとボサノバ」を演奏されます。
彼女たちのとても爽やかなその演奏を聴きに、
そして応援に是非会場までお運びください。








f0043780_04529.jpg


第7回ギターアンサンブルフェスティバルは
3月22日(日)12時開演。
場所はクレオ大阪中央ホール
(地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘」駅下車)。
入場は無料です。

32団体が演奏を聴かせてくださいます。

そして僕も
アンサンブル・トリコロールとして
ゲスト出演させて頂くことになっています。
楽しみーo(^ヮ^)o。
by sgr-m | 2009-03-14 23:18 | スケジュール

ギター弾きの日常はかくありき。
by sgr-m
プロフィールを見る
画像一覧

松岡 滋ライブ情報

♪2016年♪

8月29日(月)19時開演
「かささぎ兄弟Live at ファナ Vol.26」
会場:
ファナ大阪店(近鉄「大阪上本町」駅下車)
¥2000
出演:
岩崎慎一(Gt.)、松岡滋(Gt.)

9月11日(土)15時30分開演
「角圭司ギターリサイタル 共演:松岡滋」
会場:
omcグランドピアノスタジオ(地下鉄「大国町」駅下車徒歩4分)
¥2500(当日:¥3000)
出演:
角圭司(Gt.)、松岡滋(Gt.)


9月17日(土)13時30分開演
「フルート&ギターライブ at Asagya」
会場:
カフェ・ド・ヴァリエテ(JR中央線「阿佐ヶ谷」駅北口徒歩5分)
¥3500(コーヒー・お菓子付)
出演:
伊達佳代子(Fl.)、松岡滋(Gt.)


検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな